スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

>『エピソード1:レースクイーンに花束を』第2話

バツイチ37(batsu-ichi thirty-seven)
『エピソード1:レースクイーンに花束を』
※この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などには、いっさい関係ありません。

2

コーヒーを持って席に戻った俺を待っていたのは美紀の白い目だった。
「コーヒーいれるのにずいぶんとお時間かかるのですね?」
しばしの沈黙。お見通し感たっぷり。
こういう沈黙に男って弱いよね。
でも負けてはいられない。反抗期の少年のように俺も言い返す。
「え?」
「え?じゃないですよ。21時までに先方にコンテとプロットを送らなきゃいけないんですから‥ほらっもう18時ですよ、18時っ」
思えば3年前は新卒で初々しかった彼女がどこでどう間違えてこうなってしまったのか?
やはり新人教育や研修って奴はどの業界でも必要不可欠だ。
早速明日にでも客室乗務員研修ビデオを入手して美紀のファイルに送っておこう。
俺は小学校で女教師に叱られる男の子のごとく立ちつくしたままこんな事を考えていた。

足を組みかえる美紀。
スレンダーで美しい足のラインが膝丈のタイトスカートから伸びている。
今日は生足ですね、先生。素敵です。

「ちょっと内田さん、たまには真剣に話聞いてくださいね」
そして「もぅ」と軽くふくれると美紀はクルッと椅子の向きを変えた。

実際のとこコンテ作業って映像制作過程の中で一番楽しいのだが、一番地味で、一番飽きやすくて、一番遊びたくなっちゃう時間の一つだ。
人によってやり方は異なるだろうが、俺の場合、1シーン全てのカットが頭に浮かばないと描き出せない。
具体的に言うと、トップカットは状況を説明する実景を持ってくるか、はたまたインパクトのある画でフックにするか。
ここはインサートカットで心情や時間を抽象的に表現しようとか、あの演者はドアップキツイからここはバストショットにしておこうとか。
あの女優たしかアゴのライン出すのNGだからここで風を感じるのは止めておくか、などなど。
これらを1シーン分まるまる頭の中で整理して繋げて初めてペンが動くタイプなのだ。
だから通常の人よりコンテ作業が3倍くらい時間がかかる。
市川準みたく○と点線だけのコンテなら楽なんだろうけど、それは俺の美意識、いや美学が許さない。

内田の美学
コンテに愛のない映像に人は恋をしない。


NHKの『プロフェッショナル』風に言うとこんな感じ。
ちょっとまって。
今、俺すごくいいこと言った。
今度飲み会で、いやいや、今晩さっそく美鈴ちゃんに聞かせよう。

そう思うとペンが走るこの世界七不思議。
プロットの上に俺の頭の中で紡がれていた画が一斉に姿を現す。
この瞬間が一番俺が神に近づく瞬間である。
女性の出産に似ているもしれない。
無から有を産み出す苦しみ似た、そんな感覚。
そして神になった俺を遮る物は最早存在しない。
脳内に溜められていた様々な思考やアイデアが鮮やかに指先に伝達されていく。
この感覚もイイネ、いっちゃうね。
俺は一心不乱にコンテを描き続ける。
こんな俺の熱気を感じて、きっと隣で小言を言ってた美紀も後悔してるに違いない。

(内田さん、遊んでた訳じゃなかったのね‥‥‥ちょっと言い過ぎちゃったかなぁ)

美紀をチラミするとそんな殊勝な表情を浮かべている‥‥感じがする。
先生!今頃反省してももう遅いですよ。
僕はやれば出来る子なんです。





つづく
ブログランキング・にほんブログ村へ   
 ↑このバナーをクリックしていただけるとランキングが上がってやる気もアップします。出来ればご協力を。
| 『episode1:レースクイーンに花束を』 | 14:28 | comments(0) | - | pookmark |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
勝手にオープニングテーマ曲 BUMP OF CHICKEN - 天体観測 (Tentai Kansoku)
from20070816
ブログパーツUL5
blog-planetarium
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM