スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

『エピソード3:わがままな涙とアップルパイ』第1話

バツイチ37(batsu-ichi thirty-seven)
『エピソード3:わがままな涙とアップルパイ』
※この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などには、いっさい関係ありません。



ニ年前の今日
君の横で僕は判を押した

ニ年前の今日
判を押した僕に君がキスをした

僕にはそのキスの意味がわからなかった

ただ僕の知っている君が笑っていたから 君の知っている僕も笑った
ただそれだけの時間

空っぽの僕がいた
空っぽの俺がいる

--------------------------------------------------------------------------------

天井を見上げてベッドに寝転んだ。
世間はゴールデンウィークとやらで浮かれているが、俺は家の大掃除の真っ最中だ。
小学生の頃はテストの前日になるとなんか無性に掃除したくなって、失くして見つからなかった消しゴムの欠片を見つけたりしたものだが、今回の大掃除は消しゴムどころじゃなく、失くして二度と戻らないモノと見つめあう結果となった。
そう、元嫁の残していった品々。
それが掃除をしている俺の心を徐々に蝕んでいき、いっこうにはかどらない。
柴門ふみの漫画。料理の本。3日で止めた家計簿。彼女が好きだったCD。エプロン。
二人で買いに行った服。きれいにたたまれたままの下着。靴下。ミュール。ブーツ。
はっきりいって、どれをどうしていいのか全くわからない。
捨てるしかないのはわかっているのだが、いざ捨てようとすると躊躇う俺がいる。

俺はまだ完全に吹っ切れてはいないみたいだ。
改めてそう思う。

洋服は孤児院に送る事にした。
昔、まだ彼女がいた頃、二人で着なくなった服を孤児院に送って非常に喜ばれた記憶があったからだ。
縮んだTシャツからスーツまで、孤児院の子たちはすごく喜んでくれたって手紙が来たんだっけ。
止まった時間に染まったそれらの服が、彼ら彼女らの手によってまた動き出すならばそれはそれで素晴らしい。
自己満だろうが俺はそう思った。

何してるかな?

恋しくて目を閉じる。
もうあの頃の二人はぼんやりとして見えない。
ただ切ない想いの残音だけ心に反響する。

二人でよく子供の名前を話してた。
子供ができたらなんて名前にするかって。
すごく幸せな時間だった。
未来を見据えた夢のある時間だった。

「私には憧れがある。それはアップルパイを作ること」

あの時、彼女は嬉しそうにやいばを見せてそう言うと笑った。
なんで?
俺が理由を訊くと彼女はこう答えた。

「家族の誰かが元気をなくしたり嫌なことがあったら、アップルパイを焼く。そして、皆で食べる。絶対元気になるはず」
「うんうん」
「そして、子供たちは大人になって思い出すの。アップルパイは、涙と笑顔の味って」
「いいなあ」
「いいよね。ほんとは作ったことないんだけど」
それを聞いて俺は笑った。
「簡単においしく作れる方法が知りたいな」
彼女も笑った。

閉じた目から涙がこぼれた。
涙の味しかしない液体が口に流れ込む。
時間も想いも二度と元には戻らない。

その時、携帯が鳴った。
滲んだ液晶に美紀の文字。
電話をとると美紀の元気な声が飛び込んできた。

「もしもし」
「もしもし、内田さんひどいじゃないですかぁ」
「え?」
「一昨日メール送ったのにぃ。返信ずっと待ってたんですよ」
「あ、ごめんごめん。企画とか掃除とか色々やっててさ」
俺は泣いてたのがばれないように涙をぬぐうとわざと元気な振りをした。
「掃除、終わりました?」
「まーまーかな。そっちこそ風邪もう治ったの?」
「少しは心配してくれてたんですか?」
「まーそりゃね」
「うそつきぃ」
「うそつきって、ひどいなー。で、何の用?」
俺は笑って言った。
空っぽの心にいつの間にか笑いが満たされていく。
過去の音が消え、今の音が聞こえてくる。
「今ですね、桜新町の駅の階段上がったとこにいるんですけどぉ」
「えっ?」
「内田さんの家わかんないから迎えに来てくださいっ」
「えっ?」
「え?じゃないですよ。早く迎えに来てくださいね、10分で」

そう言うと美紀は電話を切った。





つづく
ブログランキング・にほんブログ村へ   
 ↑このバナーをクリックしていただけるとランキングが上がってやる気もアップします。出来ればご協力を。
JUGEMテーマ:恋愛小説


| 『episode3:わがままな涙とアップルパイ』 | 03:46 | comments(0) | - | pookmark |

『エピソード3:わがままな涙とアップルパイ』第2話

バツイチ37(batsu-ichi thirty-seven)
『エピソード3:わがままな涙とアップルパイ』
※この作品はフィクションです。実在の人物・団体・事件などには、いっさい関係ありません。



サザエさん通りから駅前に出るとガードレールに美紀がちょこんと腰かけていた。
夕方の駅前。
車の流れや人の雑踏の中、一人空を見上げる美紀。
斜光を浴びて首から顎にかけてのラインが美しく浮かび上がる。

女の子って、こういう時何を考えてるのだろう。
何も考えてないと今まで思ってたけど、そうでもないらしい。

こないだ、NHKの『考える』って番組見た。
うちらの業界の超売れっ子でてたからね、箭内さん。
その中で、渋谷の公衆電話の前にぼけっと立ってた女の子が
「自分の将来に必要なものは何なのかな」って
その時考えていた事を話してるのを聞いて以来、俺は人とすれ違う度にこの事を考えてる。
いつもなら嫉妬からくる反発で素直にこういうの見れないんだけど、なぜか素直に見れたんだよね。
素直に見て、彼の凄いところをまざまざと見せ付けられた。
金にならないNHKだから箭内さんもある意味適当に「考える」って広告つくってたけど
最後に箭内さんが言った言葉。
「僕にとって考えることは、人に会うこと」
つきささったね、胸に。

考える 考える 自分のこと 来月のこと 君のこと〜♪

俺はゆっくりとした足取りで美紀に近づくと、その横に腰掛け空を見上げた。
吹き抜ける春のそよ風が美紀の香りを運ぶ。
そんな俺を美紀が振り返り、少し距離を置くように座り直す。
「内田さん、なんなんですか!?その恋人チックな登場はぁ」
「え?」
「ちょっと鳥肌たちましたよぉ、もぅ」
ちょっと、ちょっと。
センチメンタルジャーニーなバツイチ37歳に、いきなりそれはひどすぎますよ。特に今日は‥

「い、いやー、空を見上げてたからさ、なんか話しかけづらくてさー」
「ぇえ?」
「何か考えてるのかなーって」

視線の動き、方向で感情を表現する。
詳細は伊丹十三の父である映画監督、伊丹万作がその著書の演出論で熱く語っています。
だから、夕暮れに空を見上げる人は思い悩んでるものなのです。
君の心に今雨を降らせている雲の上にも,青空が広がっているものさ。
うんうん、僕にはわかるよ。
空を見上げる君の気持ちが‥‥

「空なんて私見てないですよ、私が見てたのはアレですよ」
美紀は不機嫌な口調で言うと投げやりに上を指をさした。
「アレ?」
「アレですよぉ」
「どれー?」
「もぅ、あそこの2階の窓際っ」

俺の視線は美紀の指の導線を追い、一組のカップルを捕らえた。
そこにはよくお似合いの美男美女。年のころは20代半ばくらいかな?
二人で仲睦まじく何かのパンフレットを覗き込んでいる。
結婚か旅行かわからないけど、とても楽しそうだ。

「あぁ、もう最悪ぅ」
「え?お似合いじゃない?あのカップル」
「そういう問題じゃなくて最悪なんですよ」

俺は上を睨みつけている美紀を見た。
「あの男の方―――」
一瞬動きが止まる美紀の唇。生まれる間。
もしかして、あの男の子は彼氏?それとも元彼?

「親友の彼氏なんですけど―――」
「ほー」
「アレ、どう見ても浮気ですよねぇ」
ですねー。そう言われるとそうですね。
でも浮気か本気かは彼しかわからないですが。
もしかしたら妹かもしれないし‥

「どうしよう、内田さん」
「え?」
「知らせた方がいいかな?黙ってた方がいいかな?」
「うーん、難しいなー」

俺と美紀は二人してそのカップルを見上げながら答えの出ない問題を考えたんだ。
「僕にとって考えることは、人に会うこと」
気が付くと、山の手の夕暮れに風とロックが流れていた。


つづく
ブログランキング・にほんブログ村へ  
↑このバナーをクリックしていただけるとランキングが上がってやる気もアップします。出来ればご協力を。
JUGEMテーマ:恋愛小説

| 『episode3:わがままな涙とアップルパイ』 | 00:13 | comments(1) | - | pookmark |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
勝手にオープニングテーマ曲 BUMP OF CHICKEN - 天体観測 (Tentai Kansoku)
from20070816
ブログパーツUL5
blog-planetarium
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM